咳喘息 風邪のあとに咳が続いたら咳喘息かもしれません。

風邪をひいた時に、いつまでも咳が続いて夜なかなか眠れないという経験ありませんか?以下の症状に心当たりがあれば“咳喘息”かもしれません。

咳喘息 風邪のあとに咳が続いたら咳喘息かもしれません。

風邪をひいた時に、いつまでも咳が続いて夜なかなか眠れないという経験ありませんか?以下の症状に心当たりがあれば“咳喘息”かもしれません。
咳喘息は、ゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難がなく、慢性に咳だけが続く疾患で、喘息の前段階と考えられている。最近、非常に増えている疾患で、咳喘息患者の受診は年々増加の一途をたどっています。
 
多くは風邪に続いて起こるので、風邪を引いた後も3〜4週間以上、咳が続いたら、咳喘息を考える必要があります。患者の多くは「風邪を引いてから咳だけが止まらない」「熱もなく、喉の痛みもないのに、いつまでも咳が続いている」と訴えて受診します。

●咳喘息の背景
1)ほかに原因となる病気がないのにいつまでも咳だけが続く
2)咳は数ヶ月から、ひどい場合は1年以上続くこたがある
3)風邪の後に起こることが多い
4)ゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難はない
5)ほとんど痰は出ない
6)咳は夜間から明け方にかけてでることが多い
7)冷たい空気やタバコの煙を吸うと咳き込みやすい
8)会話、電話、運動などのときに咳き込みやすい
9)風邪薬や咳止めを飲んでも効かない
10)気管支拡張薬が有効、吸入ステロイド薬が奏功

●その他の参考事項
・アレルギー素因のある人に多い
・女性に多い(男:女=1:2)
・再発を繰り返すことがある
・胸部レントゲン検査で異常がない
・呼吸機能検査正常
・喀痰中の好酸球増加
・気道過敏症が亢進

▽咳喘息 風邪のあとに咳が続いたら咳喘息かもしれません。 のキーワード

▽次の記事、前の記事

豆類(大豆・ピーナッツ)食物性アレルゲン | 魚卵(イクラ・タラコ)食物性アレルゲン

アレルギー・もっと知りたいアレルギーのこと。:新着記事

特異的IgE Viewアレルギー39
特異的IgE View アレルギー39 は、1度に39種類のアレルゲンを調べることができる検査です。
ハチ刺傷者はヒアリの毒でアナフィラキシーを生じる
ヒアリ毒はハチ毒と交叉反応性があるため、ハチ刺傷を受けたことがある人や、ハチ毒アレルギーを持つ人がヒアリに刺されるとアナフィラキシーを生じる可能性があります。
Gly m 4(大豆由来)とHev b 6.02(ラテックス由来)
Gly m 4 は大豆アレルゲンコンポーネントのうちの1つで、大豆のクラス2食物アレルギーの原因物質です。
インフルエンザワクチン接種上の留意点 卵アレルギー
国内の予防接種ガイドラインでは、接種液の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者に対する対応を日本小児アレルギー学会の見解として掲載しています。
血中食物抗原特異的IgG抗体 sIgG 診断的有用性を否定
食物アレルギー研究会、日本小児アレルギー学会、日本アレルギー学会は、食物アレルギーにおける血中食物抗原特異的IgG抗体(sIgG)検査の診断的有用性を公式に否定
アトピー性皮膚炎 プロアクティブ療法とTARC検査
プロアクティブ療法は、1)目に見えない炎症を抑えられる、2)再燃のリスクを低くし、寛解維持の期間を長く延ばすことができる、3)再燃時も早めに対処できるので、統合した外用薬の量も少なくて済むという利点があります。
スギ花粉症の舌下免疫療法 シダトレン薬価承認
スギ花粉症に対する減感作療法に使用される標準化スギ花粉エキス(商品名シダトレン)の薬価収載が承認されました
特異的IgE Ara h2 ピーナッツアレルギー診断に有用
Ara h2 はピーナッツのアレルゲンコンポーネントの1つで、臨床症状発現との強い関連性が報告されており、Ara h2の測定は、粗抽出アレルゲンであるピーナッツ特異的IgE検査 陽性患者におけるアレルギー診断補助に有用です。
I型アレルギーのバイオマーカー ペリオスチン
ペリオスチンは細胞表面に存在するインテグリンに結合して炎症性メディエーターを細胞に産生させ、アトピー性皮膚炎の慢性化の原因になっていることが示され、アトピー性皮膚炎における新たな治療ターゲットとしても期待されています。
I型アレルギーのバイオマーカー ケモカイン
ケモカインは種々のI型アレルギー性疾患の病態形成へ関与することが知られており、即時型アレルギー反応を直接評価するものではないものの、それらのいくつかは疾患の鑑別、重症度の評価における有用性が報告され、バイオマーカーとして臨床で用いられています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint