アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会)

アトピー性皮膚炎は、憎悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつと定義されています。

アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会)

■ 定義
アトピー性皮膚炎は、憎悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつと定義されています。
【アトピー素因】
1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
2)IgE抗体を産生しやすい素因

■ 診断基準 
1、掻痒(そうよう)
2、特徴的皮疹と分布
1)皮疹は湿疹病変
・急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
・慢性病変:湿潤性紅斑、苔癬化病変、鱗屑、痒疹、痂皮
2)分布
・左右対側性:前額、眼囲、口囲、口唇、耳介周囲、頚部、体幹
   四肢関節部
・参考となる年齢による特徴
乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降
幼小児期:頚部、四肢屈曲部の病変
思春期・成人期:上半身(顔・頚・胸・背)に皮疹が強い傾向
3、慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
・乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする
上記1,2および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアト
ピー性皮膚炎と診断する。その他は急性あるいは慢性の湿疹とし、
経過を参考にして診断する。

■ 除外すべき診断
・接触性皮膚炎 ・汗疹
・脂漏性皮膚炎 ・魚鱗癬
・単純性痒疹 ・皮脂欠乏性湿疹
・疥癬   ・手湿疹

■ 診断の参考項目
・家族歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚
炎)
・合併症(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎)
・毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚
・血清IgE値の上昇

■ 臨床型(幼小児以降)
・四肢屈側型 ・痒疹型
・四肢伸側型 ・全身型
・小児乾燥型 ・これらが混在する症例も多い
・頭・頚・上胸・背型

■ 重要な合併症
・眼症状(白内障、網膜剥離など)
・伝染性軟属腫
・伝染性膿痂疹
・カポジ水痘様発疹型

▽アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会) のキーワード

▽次の記事、前の記事

セイタカアキノキリンソウ | アレルギーっ子にも優しいメニュー・ハンバーグ

アレルギー・もっと知りたいアレルギーのこと。:新着記事

特異的IgE Viewアレルギー39
特異的IgE View アレルギー39 は、1度に39種類のアレルゲンを調べることができる検査です。
ハチ刺傷者はヒアリの毒でアナフィラキシーを生じる
ヒアリ毒はハチ毒と交叉反応性があるため、ハチ刺傷を受けたことがある人や、ハチ毒アレルギーを持つ人がヒアリに刺されるとアナフィラキシーを生じる可能性があります。
Gly m 4(大豆由来)とHev b 6.02(ラテックス由来)
Gly m 4 は大豆アレルゲンコンポーネントのうちの1つで、大豆のクラス2食物アレルギーの原因物質です。
インフルエンザワクチン接種上の留意点 卵アレルギー
国内の予防接種ガイドラインでは、接種液の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者に対する対応を日本小児アレルギー学会の見解として掲載しています。
血中食物抗原特異的IgG抗体 sIgG 診断的有用性を否定
食物アレルギー研究会、日本小児アレルギー学会、日本アレルギー学会は、食物アレルギーにおける血中食物抗原特異的IgG抗体(sIgG)検査の診断的有用性を公式に否定
アトピー性皮膚炎 プロアクティブ療法とTARC検査
プロアクティブ療法は、1)目に見えない炎症を抑えられる、2)再燃のリスクを低くし、寛解維持の期間を長く延ばすことができる、3)再燃時も早めに対処できるので、統合した外用薬の量も少なくて済むという利点があります。
スギ花粉症の舌下免疫療法 シダトレン薬価承認
スギ花粉症に対する減感作療法に使用される標準化スギ花粉エキス(商品名シダトレン)の薬価収載が承認されました
特異的IgE Ara h2 ピーナッツアレルギー診断に有用
Ara h2 はピーナッツのアレルゲンコンポーネントの1つで、臨床症状発現との強い関連性が報告されており、Ara h2の測定は、粗抽出アレルゲンであるピーナッツ特異的IgE検査 陽性患者におけるアレルギー診断補助に有用です。
I型アレルギーのバイオマーカー ペリオスチン
ペリオスチンは細胞表面に存在するインテグリンに結合して炎症性メディエーターを細胞に産生させ、アトピー性皮膚炎の慢性化の原因になっていることが示され、アトピー性皮膚炎における新たな治療ターゲットとしても期待されています。
I型アレルギーのバイオマーカー ケモカイン
ケモカインは種々のI型アレルギー性疾患の病態形成へ関与することが知られており、即時型アレルギー反応を直接評価するものではないものの、それらのいくつかは疾患の鑑別、重症度の評価における有用性が報告され、バイオマーカーとして臨床で用いられています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint