アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会)

アトピー性皮膚炎は、憎悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつと定義されています。

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会)

■ 定義
アトピー性皮膚炎は、憎悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつと定義されています。
【アトピー素因】
1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
2)IgE抗体を産生しやすい素因

■ 診断基準 
1、掻痒(そうよう)
2、特徴的皮疹と分布
1)皮疹は湿疹病変
・急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
・慢性病変:湿潤性紅斑、苔癬化病変、鱗屑、痒疹、痂皮
2)分布
・左右対側性:前額、眼囲、口囲、口唇、耳介周囲、頚部、体幹
   四肢関節部
・参考となる年齢による特徴
乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降
幼小児期:頚部、四肢屈曲部の病変
思春期・成人期:上半身(顔・頚・胸・背)に皮疹が強い傾向
3、慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
・乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする
上記1,2および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアト
ピー性皮膚炎と診断する。その他は急性あるいは慢性の湿疹とし、
経過を参考にして診断する。

■ 除外すべき診断
・接触性皮膚炎 ・汗疹
・脂漏性皮膚炎 ・魚鱗癬
・単純性痒疹 ・皮脂欠乏性湿疹
・疥癬   ・手湿疹

■ 診断の参考項目
・家族歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚
炎)
・合併症(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎)
・毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚
・血清IgE値の上昇

■ 臨床型(幼小児以降)
・四肢屈側型 ・痒疹型
・四肢伸側型 ・全身型
・小児乾燥型 ・これらが混在する症例も多い
・頭・頚・上胸・背型

■ 重要な合併症
・眼症状(白内障、網膜剥離など)
・伝染性軟属腫
・伝染性膿痂疹
・カポジ水痘様発疹型

▽アトピー性皮膚炎の定義・診断基準(日本皮膚科学会) のキーワード

▽次の記事、前の記事

セイタカアキノキリンソウ | アレルギーっ子にも優しいメニュー・ハンバーグ

スポンサードリンク

アレルギー・もっと知りたいアレルギーのこと。:新着記事

TVで紹介された花粉症対策グッズ・窓ガラスにエアープロット
エアープロットは光触媒の力でクリーンな空気を提供する、ガラスコーティング剤です。このエアープロットは、部屋に入ってきた花粉を吸着分解除去!!花粉症の症状軽減に効果があると考えられています。
花粉症のツボ?
花粉症の症状改善に“ツボ”が効果ありって知っていますか?簡単にできますので、試してみてはいかがでしょう。
アレルギーの治療・減感作療法
花粉症などアレルギーの確実な根治療法はまだ確立されておらず、この減感作療法がもっとも根治療法に近いといわれています。一般的には抗原特異的減感作療法を指します。
命にかかわることもある食物アレルギーとは
食物アレルギーとは、特定の食品(原因食品)を飲食することで体内に取り込まれたアレルゲンにより、アレルギー状態が発生する免疫反応をいいます。
IgEファディアトープ(特異的吸入性アレルゲン)
ファディアトープはアトピー鑑別試験ともいわれ、吸入抗原に感作されているかをスクリーニングする検査です。
喘息・ピークフロー値ってなに?
ピークフロー値は、ピークフローメーターと呼ばれる簡単な機械でいつでも手軽に測定できます。喘息の患者さんにとってピークフローメーターは、体温計のようなものです。
喘息・毎日の暮らしの中での注意点
喘息と上手につきあうには、喘息についてよく理解し、日常の管理を続けることが大切です。簡単にできることばかりですので、ぜひ実行しましょう。
あなたの喘息は何点? 喘息コントロールテスト
あなたの喘息コントロールテストの総合点を出すことができます。テストの結果は、必ず担当医師と一緒に見直してください。
金属アレルギーの検査
金属アレルギーは病態が多様ですので、口腔内と全身の両面の状態を知るために、歯科と内科、皮膚科が連携した多角的な検査が必要です
金属アレルギーの主な症状
ピアスやネックレスによるかぶれやかゆみが一番認識しやすい金属アレルギー症状です。問題はピアスやネックレスに使用されている金属に身体が感作されることです

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint